ニュース

タイムズ24×いわき市×JR東日本×常盤興産 カーシェアリング官民共創実証事業開始

2019/3/28(木)

利用者の優待特典

タイムズ24株式会社、いわき市、東日本旅客鉄道株式会社水戸支社、常磐興産株式会社の官民4者は、3月27日から、「カーシェアリング官民共創実証事業」を開始すると発表した。本事業では、4者が連携を図りながら、いわき駅や湯本駅、スパリゾートハワイアンズといった交流拠点にカーシェアリングステーションを設置するほか、観光振興に向けたツーリズム企画等、さまざまな取組みを実施し地方創生推進モデルの構築につなげていく予定。
4者の事業は、シェアリングエコノミーの普及・促進や交通利便性の向上を図ることにより、交流人口の拡大や地域の活性化等を目的とした。4年間実証事業を進める計画だ。

主な連携体制(役割)

(1) いわき市
・ステーションの確保
・公用車としてのカーシェアリング車両の活用
・利用データの分析

(2) 東日本旅客鉄道㈱水戸支社
・ステーションの確保
・「Suicaレール&カーシェア」の実施
・交通媒体等を活用した広報支援

(3) 常磐興産㈱
・ステーションの確保

(4) タイムズ24㈱
・カーシェアリングの運営
・「Suicaレール&カーシェア」の実施

また、カーシェアリング利用者、首都圏のSuicaエリアから「Suica」で鉄道を利用された利用者を対象に優待特典を実施する。

■関連記事


ログイン

ページ上部へ戻る