ニュース

タイムズ24 予約できる駐車場「B-Times」 大阪府営住宅付帯駐車場へサービス拡大

2019/3/1(金)

タイムズ24株式会社は、3月1日から大阪府営住宅の団地駐車場において、予約制駐車場マッチングサービス「B-Times(ビィ・タイムズ)」の導入を順次拡大すると発表した。

「B-Times」は、空いている土地スペースを有効活用したい人々と、外出先などで確実にクルマをとめたいドライバーをマッチングする会員制駐車場サービス。「タイムズ駐車場」の開設が難しいエリアや小スペースなどにも開設が可能であることから、2016年8月のサービス開始以来、駐車場の登録数を増やしていて、多く利用している。

「B-Times」は、2018年2月から大阪府が所有する57団地の駐車場を対象に順次サービスを導入している。予約駐車場サービス導入済みの団地において、府営住宅への来訪者の多様なニーズに有効に機能していることが確認できたことなどから、今回新たに244団地を対象に「B-Times」として提供が可能となった団地から展開することとなった。

これにより、大阪府営住宅の全301団地(約73,000区画)のうちの空き区画を対象とした展開となる。団地が抱える来訪者用駐車場の確保や団地周辺の迷惑駐車削減などの課題解決に、より一層寄与していく。タイムズ24はこれからも時間貸駐車場「タイムズ」および「B-Times」の駐車場数を拡大し、ストレスなくいつでもどこでも安心してクルマが利用できる「快適なクルマ社会の実現」を目指していく。

■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る