ニュース

トヨタ・モビリティ基金、バンコクでオンデマンド送迎開始 新型コロナウイルス対策で医療従事者向けに

2020/3/31(火)

オンデマンド送迎サービスに使う車両

写真:トヨタ プレスリリースより

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation 以下、TMF)は、バンコク(タイ)の病院と連携し、新型コロナウイルス治療に携わる医療従事者向けのオンデマンド型の送迎サービスを実施すると発表した。4月中旬から3カ月間にわたり実施する予定。
現在世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの医療従事者は過酷な勤務を続けている状況だ。今回発表したプロジェクトは、医療従事者の通勤負荷軽減、感染予防を目的とし、衛生面に配慮したシャトルバスを運行するもの。シャトルバス内には空気清浄器を設置。さらに、定期的にシートカバーの交換、頻繁な消毒など衛生面の対策を実施する。そのほか、乗客同士の間に必要な距離を確保するなど、ガイドラインに従った運用を行うとのことだ。

また、シャトルバスはオンデマンドで運行する。利用者が乗車したい場所と時間をシステム上で指定し、座席を予約する仕組み。予約状況を踏まえてシステム側が最適ルートを決定し、シャトルバスはそのルートに従って運行する。トヨタの発表によると、10台の車両で運行する計画だ。

TMFは、2014年8月に設立。国内・海外でモビリティ社会構築を目指すさまざまなプロジェクトを実施しており、東南アジアではバンコクやダナン(ベトナム)で、交通渋滞緩和やマルチモーダル構築などに取り組んでいる。

ログイン

ページ上部へ戻る