ニュース

トヨタ 燃料電池自動車の更なる可能性「Fine-Comfort Ride」 東京モーターショー2017

2017/12/29(金)



Fine-Comfort Ride 車内の様子


このコンセプトで一番こだわっている点はどこにあるのでしょうか?

車内に関しては小型のFCスタックとタンクを、燃料電池自動車「MIRAI」の場合はタンクを横にしてシート下に配置しているのですが、今回は小型化して縦にシートの中央に配置することでよりフラットな空間を実現しました。

 

窓のディスプレイには液晶を使用しているのでしょうか?

ディスプレイにはLEDを使用しています。液晶も考えたのですが、高精細な絵ではなく死角になる部分に映像を流すことや、リラックス空間を作り出すことを目的としているのでLEDを採用しました。

 

それぞれのシートにエージェントが居るのでしょうか?

そうです。照明や空調もシートに座る人に合わせてエージェントが調整をします。シートごとにエージェントが居ますが、シートに座っていた人が入れ替わった際にも検知するように想定しています。

この他にもFine-Comfort Rideは高い静寂性とスムーズな走りに加え、水素をエネルギー源とする大電力量を活かし、車内の装備を充実させながらも約1000㎞(JC08モード)の航続距離を実現。まさに燃料電池自動車の可能性を示す車両となっている。

Fine-Comfort Rideの窓のディスプレイに表示される映像

1 2

ページ上部へ戻る