ニュース

日産「IMx」で電気自動車のリーダに 東京モーターショー2017

2017/12/26(火)

東京モーターショー2017 プレスブリーフィングでスピーチをするスキラッチ氏

日産は、将来の電気自動車の車両接近通報音として検討されている「カント」を発表した。ラテン語で「歌う」という意味の「カント」は、各国の規制に合わせ、時速20㎞~30㎞までの低速走行時に加速、減速、後退時に作動するという。「カント」は市街地走行での歩行者保護をしながら、日産らしさを聴覚で感じてもらうための音というツールだ。歩行者以外にも、道路周辺の居住者、運転者、誰もが聞きやすい音になるように配慮されている。副社長のダニエレ・スキラッチ氏は、「『カント』はニッサンインテリジェントモビリティの象徴で未来の音。電気自動車の技術だけではなく、世の中をより良い世界にするという大きなビジョンを持っている」と述べた。
 [LIGARE vol.36 (2017.11.30発行) より記事を再構成]

外部から充電する代わりに、エンジンで発電してモーターだけで走るe-POWERは、他のモデルにも拡大していくという。来年春から国内の「セレナ」にもe-POWERを搭載し、自動運転技術であるプロパイロットを機能と合わせてニッサンインテリジェントモビリティのアイコンとしていく。

NISSAN NOTE e-POWER NISMO



NISSAN SERENA e-POWER



1 2

ページ上部へ戻る