有料会員限定記事

【東京都立大・土屋 真 助教】トレーラーハウスの歴史から災害時での利用、今後の展望を語る

有料会員限定記事

2020/12/15(火)

イメージ画像(Adobe Stockより)

イメージ画像(Adobe Stockより)

近年、災害時の仮設住宅などでトレーラーハウスの活用が注目されている。使用後に移動すれば、通常のプレハブ住宅とは異なり解体せずに済むため、廃棄物を出さないなどのメリットがある。ほかにも、移動できる利点を生かし二拠点生活や地方移住などさまざまな場面での活用が期待できる。トレーラーハウスの研究を行う東京都立大学の土屋真助教に、トレーラーハウスの歴史から日本での主な活用法、今後の可能性について聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 68855
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る