ニュース

ゼンリン発ベンチャーのWill Smart、JR九州ほか5社と資本提携

2018/12/28(金)

Will Smartは12月28日、JR九州ほか5社と資本業務提携を行うことを発表した。提携先は、JR九州、四国電力株式会社、都築電気株式会社、YKK AP株式会社、岡谷鋼機株式会社、飛島建設株式会社。
Will Smartは、株式会社ゼンリンデータコムの社内ベンチャー企業として、2012年に誕生。インターネットに接続するハードウェアの企画開発製造やクラウドサービスによるシステム開発、ゼンリングループの持つ地図データを中心としたデジタルコンテンツを組み合わせたビジネスソリューションを提供している。

IoT、クラウドシステム、AIなどの技術を活用した課題解決における過程で、事業範囲は車両をはじめとする移動体や建設現場など、“街全体”へと拡大している。今後は、「IoTソリューション事業」や「IoT共創事業」に加え、成長が見込める「モビリティシステム事業」をはじめとした未来志向の事業に注力する予定。提携先の各事業会社との関係性を構築し、新しいサービスの創造やバリューチェーンの強化を加速させる。

 

ログイン

ページ上部へ戻る