ニュース

日の丸交通とZMP、8月から自動走行タクシーサービスの実証開始

2018/7/19(木)

使用する自動運転車両RoboCar® MiniVan(イメージ)

日の丸交通とZMPは7月18日、自動運転車両を用いたタクシーサービスの公道営業実証実験を2018年8月27日からスタートすることを発表した。

三菱地所と森ビルが車両の発着地として運営する施設を提供する。自動運転車両を用いたタクシーが公道で客を乗せて営業走行を行うことは世界初。

ZMPの開発した自動運転車両と予約システムを用いて、日の丸交通が公道におけるタクシーサービスを実施する。実験の区間は大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmを予定。

実験期間は2018年8月27日~9月8日で、利用者(実験参加者)は一般から募る。

本実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンストップセンター』の支援を受けて実施される。

ログイン

ページ上部へ戻る