ニュース

日本ユニシス、モビリティサービスプラットフォームでホンダの充電サービスを支援

2018/7/19(木)

日本ユニシスは、ホンダが2018 年7 月19日から開始する充電サービス「Honda Charging Service」に、モビリティサービスプラットフォーム「smart oasis for charging」を提供すると発表した。本プラットフォームは、クラウド型でシステム機能を提供し、充電サービスをはじめとしたモビリティサービスの事業運営に必要となる会員管理・サービス管理・課金決済などを実現する。
これまで、日産自動車、フォルクスワーゲングループジャパンなどに採用されており、MaaSを支える サービスプラットフォームとしては、国内市場シェアNo1となる。

「smart oasis for charging」は、今後のEVシフトを踏まえ、多様なプレーヤー による事業参入を想定し、マルチテナント方式(複数事業者による共同利用方式)でシステムを利用することができるプラットフォーム。充電サービス事業者は、少ない初期投資と短い導入期間で、充電カードの発行、設置した充電器の管理が可能。今回、ホンダの「Honda Charging Service」に「smart oasis for charging」のサービスを提供することで、充電サービス事業者、充電器設置事業者の継続的な競争優位性を実現する。

「smart oasis for charging」によって、Honda販売店に設置された急速充電器の利用者 認証や充電サービス管理に加えて、充電サービス利用料の課金・決済サービス、ユーザーサポートサービス などの提供を行い、「Honda Charging Service」の運用を全面的に支援する。

「Honda Charging Service」は専用の利用者カードを用いた利用者認証によって充電ステーションの使用が可能。利用料は、登録されたクレジットカードから引き落としされる。利用者登録は店頭にて、専用のweb端末からの申し込みが必要。


ログイン

ページ上部へ戻る