セミナー

【無料】「トヨタと一緒に考えるこれからの交通サービス」交通事業者向けモビリティサービスについて学ぶ in 福岡

2018/4/2(月)

日程:2018年5月11日(金)
会場:
福岡

募集人数:50名

MaaS(Mobility as a Service)という概念が、日本でも自動車メーカーや交通事業者の間で浸透してきています。
その中、交通事業者や自治体のご担当者を対象に多様なモビリティサービスの活用と街づくりをテーマに、トヨタ自動車様、名古屋大学様、西日本鉄道様にご登壇いただきます。

日本では、いち早くトヨタ自動車様がHa:moというモビリティサービスを提供されています。東京や豊田市や岡山市などで導入を進めていく中での経験や、マルチモーダルな交通サービスの構築と自治体の交通政策との連携についてご紹介して頂きます。
名古屋大学様には、多様なモビリティサービスと街づくりについて、大学での研究内容やロードプライシングや自動運転の実験内容など御紹介いただきます。また、相乗りサービスなどを提供する未来シェアの取り組みについても、御紹介いただきます。西日本鉄道様には、バス用次世代車載機や業務改善などについてご紹介いただきます。
各者の取り組みを踏まえ、これまで地域の交通を支えてきた交通事業者様にとって、次の一手は何なのか?高齢化が進む自治体にとって、今後どのような交通政策を取っていくのか?その学びの場にぜひご参加ください。

【日時】 2018年5月11日(金)14時~17時
【場所】 福岡ビル9階5ホール(福岡県福岡市中央区天神1丁目11番17号)
http://www.nnr.co.jp/f-hall/
※懇親会18時00分~近隣で開催予定しております(実費負担・調整中)
【定員】 50名
【参加資格】交通事業者向け(バス・鉄道などの交通事業者様及び自治体担当者様)
【参加費】無料
【プログラム】
13:30 受付開始
14:00 スタート ごあいさつ
14:10 名古屋大学 社会モビリティ領域交通・社会分野特任准教授 金森 亮氏
「多様なモビリティサービスと街づくり」(仮)(50分)
質疑応答 (10分)
15:10 トヨタ自動車 ITS企画部早田 敏也氏
「Ha:moを活用したモビリティサービスへの取り組み」(仮)(50分)
質疑応答 (10分)
16:00 休 憩 (10分)
16:10 パネルディスカッション (50分)
・名古屋大学 金森 亮氏
・トヨタ自動車 早田 敏也氏
・西日本鉄道 自動車事業本部 計画部 新規事業・戦略担当 課長 日高 悟氏
「西鉄バスの取り組みについて(仮題)」
17:00 閉 会
18:00 懇親会 スタート (会場は調整中、会費制の自己負担)

【主催】 LIGARE (リガーレ/自動車新聞社)
【特別協賛】 トヨタ自動車株式会社

お申込みは以下に人数・懇親会参加可否を入力し、「ここを押してお申込み画面へ進む」ボタンを押してください

【無料】「トヨタと一緒に考えるこれからの交通サービス」交通事業者向けモビリティサービスについて学ぶ in 福岡
【無料】「トヨタと一緒に考えるこれからの交通サービス」交通事業者向けモビリティサービスについて学ぶ in 福岡
参加費 0 円

人数:

※懇親会参加可否を選択してください(18:00開始 実費負担)


関連記事:
トヨタ「COMS」のシェアリングによる次世代の交通システム「Ha:mo(ハーモ)」 (前編)
トヨタ「COMS」のシェアリングによる次世代の交通システム「Ha:mo(ハーモ)」 (後編)

ログイン

ページ上部へ戻る