セミナー

「みんなの移動を見守るアイデアソン」3月16日開催

2019/2/19(火)

日程:2019年3月16日(土)10:00〜19:00
会場:
AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15

募集人数:50

【テーマ】みんなで移動を見守る仕組みづくり
安全で安心な移動を実現するためには、移動に関する情報(歩道を含めた道路周辺環境)を集め、ドライバーや交通事業者、自治体、移動支援者、住民など様々な人々に移動に関する情報を共有していくことが大切です。
ですが、例えば道路インフラの経年劣化や、事故、自然災害、道路環境の変化などを把握し、それを維持管理していくには、非常にコストもかかります。また、移動の支援が必要な場合、駅といった目的地のエレベーターの場所や周辺道路環境などの情報も入手しにくい場合があります。
こういった課題について、新しい技術やサービスとコネクテッドカーやIoTなどを連携することによって、移動に関する情報を取得し管理を行いやすくし、地方自治体等の公益的な活動をサポートする仕組み・サービスのアイデアソンを開催します。
今回のアイデアソンでは、移動に関する情報をみんなで支え見守る関係者のコミュニティ形成も目的としております。
※発表いただいたアイデアは、パブリックドメインとなりますので、規約をご確認ください。

 

詳しくはコチラ



【開催概要】
日時:2019年3月16日(土)10:00〜19:00
開場:9:30
場所:AP虎ノ門
定員:50名 ※応募者多数の場合は、選考の上抽選で決定致します。
応募締切:2月27日(水)
当選発表日:3月1日(金)
主催:一般財団法人トヨタ・モビリティ基金
企画・運営:株式会社自動車新聞社(LIGARE)
後援:(一社)情報支援レスキュー隊、(一社)モバイル・コンテンツ・フォーラム

【想定する参加者】
参加者は AI や IoT、IT などのベンチャー企業のエンジニアやオープンデータ、GIS 、インフラなどに関心の高い方々に参加していただきたいと考えております。

【審査基準】
公益性  行政をはじめとした対象の公益的な目的をサポートできているか
デザイン性  利用者視点で、実現性と継続可能性が提供できているか
市場性  社会に対して効果的な影響を提供できているか
革新性  新規で革新性があるか

【プログラム(予定)】
10:00〜10:10 イベントスタート、トヨタ・モビリティ基金様のごあいさつ
10:10〜11:00 インプットトーク
・自治体のご担当者様
・トヨタ自動車のご担当者様
11:00〜16:00 アイデアソン、チームビルディング、ディスカッション実施
16:00〜17:00 成果発表会
17:00〜17:30 評価、表彰、主催者、来賓挨拶、閉会
17:30〜19:00 懇親会

【参加申込】下記よりオンラインにてお申込みください。

詳しくはコチラ

ログイン

ページ上部へ戻る