ニュース

アイシングループ、コネクテッドでダイナミックマップ精製とソリューション提供

2018/1/15(月)

「コネクテッド」に関する技術や開発品を重点的に展示

1月9日から1月12日まで米国ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市(CES2018)で、アイシン精機株式会社とアイシン・エィ・ダブリュ株式会社のアイシングループ2社は、今回が初出展となった。アイシングループは「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクテッド」の3つの分野を重点開発領域としており、特に「コネクテッド」に関する技術や開発品を重点的に展示していた。

[LIGARE vol.37 (2018.1.31発行) より記事を再構成]

情報を伝え、マッサージをする次世代のシート

アイシングループが展示した次世代コックピットでは、空気圧でサポート調整する機能を備えたニューマチックシートと、ナビで培った位置情報技術を組み合わせた「ナビ連携ニューマチックシート」のシミュレーターを搭載し、「先読みオートサイドサポートシート」「先読みオートリフレッシュシート」「プローブ連動お知らせシート」の新たな3つの機能が体験できた。

「先読みオートサイドサポートシート」は、ナビの位置情報と協調して前方にあるカーブの情報を取得し、それに合わせてシートのサポート機能を動作させ、カーブ時に掛かるGに対してドライバーの姿勢を安定させる。

「先読みオートリフレッシュシート」は、周辺の道路情報を取得し、自動運転走行中や渋滞停止中などでシートのマッサージ機能を作動させるものだ。

「プローブ連動お知らせシート」は、進路上の交通情報をリアルタイムで察知し、渋滞が起きている時などに、表示や音声案内に加えシートを通じて直接身体に情報を伝えることで、スムーズな走行をアシストする。

その他、コネクテッド技術について「Connected Vehicle Solution」と題した映像では、前方車両がカメラを用い事故車両を見つけて、後方の車両に通知する、クラウドを介したサービスなどが紹介されていた。さまざまな道路状況を取得したデータは、渋滞状況や駐停車場所の空き具合などのナビ機能へも活用できる。

ダイナミックマップ精製プラットフォームに注力も

アイシングループは今後、ADAS(先進運転支援システム)などを通し収集したビッグデータを用い、競争領域となっているダイナミックマップを精製するプラットフォームの作成に注力していくと明らかにした。サービスの利用者を増やすことができれば、先に挙げたような道路情報の精度もさらに高まっていくだろう。そのほか、「Trans Log (トランスログ:トヨタ自動車が提供する法人向けの運行管理支援テレマティクスサービス)」が収集した道路標識の情報とのマッチングなどに取り組んでいく方針も示した。

ログイン

ページ上部へ戻る