ニュース

ANAとADDress、航空券サブスク実証実施へ 多拠点生活促進から地方活性化目指す

2020/1/17(金)

​ANAホールディングス株式会社(以下、「ANAHD」)と、月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開する株式会社アドレス(以下、「ADDress」)は、多拠点生活推進、地域活性化を目的とした航空券定額制サービスの実証実験を開始すると発表した。

今回の実証実験は、月額料金を支払っているADDress会員が対象。月額3万円の追加料金を支払うことで、ANA国内線の指定便に限り月2往復できるサービスを1月31日より開始する。これを皮切りに対象路線・対象人数を増やしながら実証実験規模を拡大していく方針。さらに今後は、多拠点生活とは異なる関係人口拡大策を提供する事業者との連携も模索する姿勢だ。
※「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指す。 地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面しているが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されている。(参考:総務省Webサイト)

ADDressは、「都市と地方の複数の拠点で生活をしてみたい」「リモートワークをしながら各地の自然とふれあいたい」「その土地で暮らす人たちと交流したい」といった、次世代のニーズに対応する新しいライフルタイルの実現に向けて、地域ごとの個性溢れる魅力を発信しながら各地に拠点を展開している。全国各地への航空ネットワークをもつANAと全国各地に居住物件をもつADDressが連携し、拠点間の移動コストと複数の住宅コストの負担感を大幅に軽減することで、多拠点生活の対象者のすそ野が大きく広がり、各地の関係人口の拡大が期待できます。

<実施内容>
募集期間 : 2020年1月17日 〜 2020年3月21日
利用期間 : 2020年1月31日  〜 2020年3月31日
対象路線 : 羽田 ― 新千歳/鳥取/高松/徳島/福岡/大分/熊本/宮崎/鹿児島
*上記のANAが指定した便に限る
対象人数 : 実証期間中で50人
利用回数 : 月毎に最大2往復まで搭乗可能
利用条件 : 月額3万円の追加料金を支払うADDressの年間・半年会員のみ利用可能
申込方法 : ADDress会員向けの専用サイトより予約
実証実験の対象便

ログイン

ページ上部へ戻る