ニュース

ホンダ、月極定額モビリティサービス開始 最短1カ月から利用可能

2020/1/28(火)

「Honda Monthly Owner」イメージ写真

ホンダ プレスリリースより

本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)は、税金やメンテナンス費用、自動車保険料などをパッケージにした月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」を、2020年1月28日に開始すると発表した。最短1カ月から利用可能で、認定販売店の中古車を対象にスタートする。

Honda Monthly Ownerは、最短1カ月から最長11カ月まで期間を選び、月極定額利用が可能なモビリティサービス。ホンダの発表によると、1カ月単位で利用可能なモビリティサービスの提供は、国内自動車メーカーでは初めての試みだ。
月額利用料金は、税金やメンテナンス費用、自動車保険料などがすべて込みで29,800円が最低価格(消費税10%込み)、選択した車種や安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の搭載有無などで基本価格が変動する。燃料代と駐車場代は含んでいない。予約はスマートフォンやパソコンからも可能で、決済はクレジットカードで行う。

サービスを開始する店舗は埼玉県内のホンダ認定中古車販売店「U-Select(ユーセレクト)城北」。対応車種は、N-BOX、FIT HYBRID、FREED HYBRID、VEZEL HYBRID、N-BOX車いす仕様車の5種類で、4月からはS660も追加予定とのことだ。そのほか、チャイルドシートやハンディータイプ蓄電器を車両とセットで貸し出すなどのオプションも用意する。

ログイン

ページ上部へ戻る