ニュース

APAMAN グループと OpenStreet、シェアサイクル事業で提携

2018/3/8(木)

APAMAN グループは、OpenStreet 株式会社のシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を本格的に採用する。OpenStreet は、ソフトバンクグループの新規事業提案制度を通じて設立され、ヤフー株式会社の子会社である Z コーポレーション株式会社から出資を受けている会社だ。

APAMAN グループは OpenStreet のシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用して、「ecobike(エコバイク)」のブランド名で 2018 年 5 月から福岡エリアでシェアサイクルサービスを本格的に展開する。「HELLOCYCLING」を活用したシェアサイクルサービスの利用者は、自転車を借用・返却できる「ステーション」の検索から決済までの一連の手続きを、スマートフォンやパソコンで簡単に行うことができる。また、登録済みの交通系 IC カードを自転車に設置された操作パネルにタッチするだけで、予約なしで自転車を利用することができ、「ステーション」であればどこでも返却することが可能だ。「ステーション」以外の場所には自転車を返却できず、自転車が放置された場合には料金が加算され続けるジオフェンス機能を搭載することで、放置自転車対策に対応していることも「HELLOCYCLING」の特長だ。

日本では、2017 年 5 月に自転車活用推進法が施行され、二酸化炭素排出量の削減、健康増進、渋滞の緩和などの観点からシェアサイクルの活用が推進されている。APAMAN グループと OpenStreet は、シェアサイクルサービスの成長には、いつでもどこでも利用できるサービスを提供することが重要であると考えている。APAMAN グループが管理する約 7,000 の不動産の所有者と「ステーション」設置について交渉を行い、福岡エリアを皮切りに全国で大規模にサービスを展開する予定だ。すでにシェアサイクルサービスを展開している関東エリアと合わせて、まずは合計1万台の自転車配備を目指している。さらに今後は、アパマンショップのフランチャイズ加盟店と取引のある約20 万人の不動産所有者とも「ステーション」の設置について交渉し、サービスを拡大させていく。なお、このサービスの運営は ecobike 株式会社が担う。

■サービスの特長

・交通系 IC カードを「HELLO CYCLING」に登録しておくと、自転車に設置された操作パネルにその IC カードをタッチするだけで「スマートロック」を開錠でき、予約なしで自転車を利用できる。
・「HELLO CYCLING」に登録された「ステーション」であれば、どの事業者が管理する「ステーション」でも自転車を返却できる。
・1 アカウントで最大 4 台の自転車を同時に利用できる。
・各種損害保険が付帯されており、規定の範囲内で利用者の傷害を補償するとともに、第三者への損害賠償責任を補償する。また、24 時間電話対応が可能なサポートセンターが用意されている。

■サービスのイメージ図

ログイン

ページ上部へ戻る