ニュース

アウディ 初電動SUV「e-tron」発表 25年までに約3割をEV化

2018/9/18(火)

アウディは、9月18日、サンフランシスコで、アウディブランド初となる電気自動車のSUV「e-tron」の発表会を行った。また、発表会で、2025年までに全世界の主要な市場において、12のEVを発売し、電動化モデルの販売台数を全体の約1/3にすることを目指すことを宣言した。

電動化ラインナップにおけるSUVには、今回発表されたAudi e-tronと、2019年にデビューするAudi e-tron Sportback、また、AvantやSportbackといった従来のボディレイアウトを持つ一連のモデルも含まれ、コンパクトからフルサイズクラスまで、あらゆる市場セグメントを網羅する。「Audi e-tronは、私たちの電動化戦略の出発点として、間違いなくアウディ史におけるハイライトとなるクルマです」と、AUDI AG技術開発担当取締役のペーター・メルテンス氏が語ったように、アウディはe-tronの公開を皮切りに、電動化攻勢を開始する。

Audi e-tronとAudi e-tron Sportbackは、アウディのモジュラー ロンギチューディナル プラットフォームのコンポーネントを使用している。このコンポーネントと、主に駆動システム分野における革新的な技術の数々によって、電動quattro 4輪駆動を備えた独立した製品ファミリーを生み出すことに成功した。最大150kWの急速充電と長距離ドライブに対応したこのクルマは、クラスのベンチマークとなる存在である。

アウディはまた、プラグインハイブリッド車のラインナップも大幅に拡大する予定。メルテンス氏は、「将来的には、事実上すべての市場セグメントに、電気モーターと内燃エンジンを組み合わせたモデルが導入されます。それらのクルマは、コンセントから充電することができます」と今後の計画について述べた。

また、2018年末に別のeプラットフォームを採用した最初のコンセプトモデル、Audi e-tron GT conceptを発表する予定。フラットなフロアアセンブリーを備えた非常にダイナミックなクーペで、ロサンゼルスオートショーでデビューする。このクルマの技術は、ポルシェと協力して開発した。
アウディとポルシェの開発部門のもう一つの共同プロジェクトが、プレミアム プラットフォーム エレクトリック(PPE)である。これは、B~D量販セグメントをカバーする、アウディの複数の電気自動車モデルファミリーの基礎となる。PPEの強みは、電気自動車専用に開発されたことであり、重量、パッケージング、およびボディのプロポーションに関して利点を発揮できる。

フォルクスワーゲングループのいくつかのブランドも、特に大量生産されるAセグメントにおいて、一連のアウディの電動化モデルの基盤となるモジュラーエレクトリフィケーション プラットフォーム(MEB)の開発に協力している。このうちの1つは、最重要な単一市場である中国の要件に合わせて開発している。


■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る