ニュース

アウディ e-tronにAlexa搭載 今後のモデルにも統合の予定

2018/9/19(水)

アウディは、9月18日に公開したブランド初の電動SUV「e-tron」に、AmazonのAlexa(アレクサ)音声サービスを搭載することを発表した。この機能は、MMIオペレーティングシステムにシームレスに統合されているため、スマートフォンは不要になる。

Audi e-tronにAlexaを搭載したことによって、自宅やAlexa対応デバイスで利用しているのと同じ機能やサービスに、Audi e-tronの車内からアクセスできる。Audible(オーディブル)、Amazon Music(アマゾンミュージック)、TuneIn(チューンイン)などを経由して、ニュース、天気、スポーツの結果を確認したり、食料品を注文したり、予定リストにスケジュールを追加したり、音楽やオーディオブックをストリーミング再生したりすることができる。さらに、Alexaの様々な「スキル」にアクセスすることもできる。スマートホームコントロールを使用すれば、クルマに話しかけるだけで、自宅のドアをロックしたり、ライトを消したり、ガレージのドアを閉めたりすることができる。

Audi e-tronにおいて、Amazon音声サービスはMMIシステムにシームレスに統合された。ドライバーは、スマートフォンのアプリを使用する必要はなく、携帯電話とクルマをペアリングする必要もない。唯一しなければならないのは、クルマとAmazonアカウントをリンクさせることだ。その後、車載ボイスコントロールシステムを介して、音声サービスを起動することができる。機能を起動するためのキーワードである「Alexa」と発話するだけで、MMIシステムのLTEモジュールは、車載システムを介して接続を確立し、Amazonのサーバーにクエリを送信する。コンテンツと情報は、クルマのオーディオシステムを通じて再生される。

アウディは2017年、車とのインターフェイスとしてボイスコントロールをいかに重視しているのかを具体的に示した。ラグジュアリーセダンのAudi A8でデビューして以来、すべてのモデルシリーズに体系的に展開している自然言語に対応したボイスコントロールシステムには、自己学習機能を備えたダイアローグマネージャーも搭載されている。

Alexaの統合は、両社にとって初めての共同プロジェクトではない。アウディは2017年後半以降、数多くのモデルで、Audi connectサービスの一環として、myAudiアプリを経由したAmazon Musicのストリーミングサービスを提供している。アウディは、Audi e-tronの発売に続き、北米およびほとんどのヨーロッパ諸国において、追加のモデルにAlexaを統合し、ユーザー体験における新たな扉を開いていく予定だ。


■関連記事


ログイン

ページ上部へ戻る