有料会員限定記事

チョイソコが全国14地域で運行、積極的な「コトづくり」で新サービスも次々

2021/3/18(木)

チョイソコの全国各地域への展開状況(3月15日時点)(提供:アイシン)

チョイソコの全国各地域への展開状況(3月15日時点)(提供:アイシン精機)

アイシン精機株式会社(以下、アイシン精機)の提供するデマンド型乗り合い送迎サービス「チョイソコ」。2018年7月に愛知県豊明市での「チョイソコとよあけ」から始まり、2021年3月時点で全国14の自治体で展開するまでとなっている。拡大を続けるチョイソコの今と今後の展望について、株式会社アイシン ビジネスプロモーション部 部長の加藤博巳氏に話を伺った。

成長を続ける「チョイソコ」の今

乗り合い送迎サービス「チョイソコ」は、高齢者を中心とした人々の健康維持・増進をめざした移動支援サービスだ。高齢化が進む中、特に車移動中心の生活様式が根付いている地方都市では免許返納による高齢者の移動機会の減少や「買い物難民」の増加が社会問題となっている。「チョイソコ」は地域住民と医療機関、公共施設、薬局、スーパーマーケット等への移動を支援することで、外出機会の創出に取り組んでいる。

チョイソコは会員登録された利用者からの予約を受けると、最適な乗り合せと経路を計算し、目的地までデマンド型の乗り合い送迎を行っている。運行ルート計算には、アイシングループ内で培ったカーナビゲーションの技術を応用し、複数の利用者の目的地・到着時刻、さらに利用者の身体的特徴などを考慮した上で、高齢者用に最適化したルートを算出しているという。

チョイソコ利用時には自治体にもよるが、乗車20~60分前までの事前予約が必要で、大半の利用者が電話予約を利用するが、システム自体はスマホでも予約ができるようになっている。電話で専用オペレーターと直接話して乗車予約をし、あとは指定の乗車日時に最寄り停留所に行くとチョイソコが迎えに来るという流れだ。



※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 78006
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る