ニュース

HERE 中国向けに地図と位置情報サービスを提供 NavInfo社と合弁事業

2019/3/14(木)

地図と位置情報サービスを提供するHERE Technologies(以下、HERE)は、2月25日、世界最大規模の携帯通信関連見本市(MWC2019)で、中国のデジタル地図サービス企業のNavInfo Co., Ltd(中国語表記:四維図新。以下、NavInfo)と合弁事業を開始し、中国においてHEREの位置情報サービス・スイートを拡大展開すると発表した。これにより、グローバルおよび中国のユーザーが、中国向けの最新の地図サービスや位置情報をベースにした主要な機能を利用して、中国市場に対応することが可能になる。
中国向けの地図データの提供はNavInfoが行っていて、HEREは自社の世界仕様に沿ってそのデータの処理と取り込みを行う。この結果、世界の他の地域にHEREが提供している地図と位置情報サービスとの互換性を容易に保持できるようになる。このような中国への拡大展開を基盤として、HEREは中国における自社、また中国のユーザーとの大幅な成長を目標にしている。

提供内容

・マップ・ディスプレイ(マップ・レンダリングおよび3Dマップを含む)
・ルーティング(自動車、歩行者、自転車、公共交通のルーティング、交通情報対応のルーティングを含む)
・ナビゲーション(自動車と歩行者向けにハイブリッドおよびオフラインで提供)
・公共交通
・交通情報
・ジオコーディング
・POI(施設情報)
・測位

■関連記事



ログイン

ページ上部へ戻る