ニュース

HERE 、初のローカライズ版OLPを日本市場で提供へ 世界規模での位置情報データ活用を可能に

2019/5/15(水)

地図とロケーション・プラットフォーム・サービスのグローバル・リーダーであるHERE Technologies(以下、HERE)は本日、日本向けにローカライズされた完全機能版のHERE Open Location Platform(OLP)を、2019年の第2四半期末までに日本で提供することを発表した。HERE OLPは、さまざまな業界のソフトウェア開発者が世界規模で位置情報データとサービスを検索、構築、共有するための共通データソースである。
日本へのコミットメントを通し、高度にローカライズされたクラウドプラットフォームのアプリケーションとサービスの国内展開が可能になる。一方で、同じコードベースのHERE OLPを通じた地域外での容易な展開も可能になる。 よってこれを機に、国内外のパートナーが、それぞれの国の市場に特化したサービスを構築するための「オープン・ロケーション・プラットフォーム」の実現に近づく。

HERE OLPには、現代のデジタルでつながる世界を支える重要な情報である「ロケーションインテリジェンス」を原動力とする革新的な新しい製品やサービスを開発者が開発、導入、販売するために必要なあらゆるツールが備わっている。ビッグデータのマネタイゼーションには、何を、どこで、いつ、というコンテクストが必要だが、HERE OLPはシームレスにデータと位置情報を結合させることで、データの価値と成果を大きく高める手段をユーザに提供する。

自動車業界においては、障害や事故、路面状況を含む実際の道路状況に関する高品質で正確なリアルタイム情報にアクセスすることで、交通の安全性が向上する。また、輸送・物流業界においては、リアルタイムの交通情報および追跡サービスを活用してフリート資産の再ルーティングおよび経路計画の最適化が可能になる。

HEREはパイオニアとの日本市場に向けた戦略的パートナシップを通じて、位置情報アプリケーションを用いたデータやサービスの価値の向上に向けて高品質の地図コンテンツを提供している。

HERE OLPのローカライズ版に関する本発表は、今週開催されているHERE Directions Japanと合わせておこなわれる。この展示イベントでは、業種を越えた長年にわたる提携と日本市場へのコミットメントについて発表される予定だ。

ログイン

ページ上部へ戻る