有料会員限定記事

日本初の自動運転バス定時運行、ロボットと人の混在、HICityで進む新たなまちづくり

有料会員限定記事

2021/5/31(月)

羽田みらい開発株式会社統括責任者で鹿島建設株式会社開発事業本部事業部長の加藤篤史氏と鹿島建設株式会社開発事業本部の忽那知輝氏

羽田みらい開発株式会社統括責任者で鹿島建設株式会社開発事業本部事業部長の加藤篤史氏(右)
鹿島建設株式会社開発事業本部の忽那知輝氏(左)

羽田空港の隣接エリアに位置するスマートシティとして開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」(以下、HICity、エイチ・アイ・シティ)。先端技術と日本文化の集積・発信拠点を目指し、国内初の自動運転バスの定時運行やロボットによる施設管理など様々な新しい試みが行われている。HICityの開発・施設運営を手掛ける羽田みらい開発株式会社のSPC(統括責任者)で鹿島建設株式会社開発事業本部事業部長の加藤篤史氏と鹿島建設株式会社開発事業本部の忽那知輝氏にHICityのこれまでの取り組みと今後の展望について話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 87293
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る