有料会員限定記事

広島電鉄、新乗車券システムの開発を開始 ABT方式に期待するワケとは?

有料会員限定記事

2022/5/26(木)

広島電鉄 交通政策本部 交通ICT推進部長の大上明紀氏 提供:広島電鉄

広島電鉄 交通政策本部 交通ICT推進部長の大上明紀氏 提供:広島電鉄

広島電鉄株式会社(以下、広島電鉄)は、今年3月に新たな乗車券システムの開発に着手したことを発表した。現在、使用されている交通系ICカード「PASPY(パスピー)」は廃止され、QRコード決済と専用の新たな交通系ICカードでの運賃決済に置き換わる。

今回のシステムには、固有のID番号と利用者情報を紐づけ、クラウド上で管理する「ABT(Account Based Ticketing)方式」を採用。スマホやパソコンで定期券が購入でき、街中・旅先でのさまざまなサービスとの連携が可能になる。

新システムの開発に至った背景や今後の展開について、広島電鉄 交通政策本部 交通ICT推進部長の大上明紀氏に話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 131732
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る