ニュース

半導体大手インフィニオン、XAINと協業 自動車ブロックチェーンで決済取引など実現へ

2018/10/26(金)

インフィニオン自動車サイバーセキュリティカンファレンスにて

インフィニオン自動車サイバーセキュリティカンファレンスにて

2018年10月25日 ーミュンヘンで行われた初のインフィニオン自動車サイバーセキュリティフォーラムで、ベルリンのブロックチェーンベンチャーXAINはミュンヘンを拠点とする大手半導体メーカーインフィニオンテクノロジーズと覚書を締結し、XAINの技術をインフィニオンテクノロジーズのマイクロコントローラに直接統合し、自動車部門向けのブロックチェーン技術実装に向けて協力すると発表した。
これらの企業は共に、XAINのAIとサイバーセキュリティテクノロジーとインフィニオンテクノロジーズのハードウェアテクノロジーのサービスを受ける自動車アプリケーションの共同開発、テスト、マーケティングを行い、コネクテッドカーのプライバシーなどのニーズに対応することを目指す。

■ブロックチェーンが実現する新しい自動車技術

ブロックチェーンの概念を自動車技術に適用し、XAINが提案する委任アクセスフレームワークと組み合わせることで、これまでにない機能性を実現することができる。自動決済取引、キーレスビークルアクセス、フレキシブルカーシェアリング、そして価格決定のために顧客運転行動データを活用するイントランクデリバリーやテレマティック保険などのオンデマンドサービスが含まれる。これらのサービスは、ユーザーがマシンデータや機能の特定の部分に柔軟にアクセス権を付与できるようにすることで有効化される。

■ブロックチェーンとAIの組み合わせによる可能性

XAINは、AIとブロックチェーンネットワーク経由でアクセス権のデリゲーションを組み合わせることで、さらに一歩先を行く。車の機能へのアクセス権に関する決定は、データを保存することなく、AIアルゴリズムによって行うことが可能だ。eXpandable AIネットワークを通じて、ローカルAIアルゴリズムはユーザーのプライバシーを損なうことなく互いがラーニングすることができる。AI対応センサーによるドライバー認識はその一つの例と言える。これにより、AIは車内でドライバーを認識し、インフィニオンのAURIX(TM)マイクロコントローラは自動車所有者または認可されたユーザーを自動的に識別し、車両の機能にアクセス権限を付与する。ブロックチェーン技術で、AIとマイクロコントローラのアクセス権の安全な割り当てと、正しい実行のチェックを可能にしている。

■インフィニオンテクノロジーズのAURIX(TM)とは

インフィニオンテクノロジーズのAURIX(TM)は、車載ブロックチェーン機能をサポートする一連のマイクロコントローラをすでに提供している。すべてのAURIX(TM)第2世代マイクロコントローラは、最高レベルのEVITAセキュリティ標準統合ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)に基づいている。このアプローチでは、暗号機能と独自のファイアウォールで保護されているマイクロコントローラ内の特別なコンピューティングおよびストレージユニットを活用している。

HSMは、ブロックチェーンネットワーク内の車両を識別するのに役立ち、操作(ハッシングやデジタル署名など)を迅速かつ確実に実行することができる安全なデジタルキーストレージを提供する。インフィニオンテクノロジーズのOPTIGA(TM)TPMなどの認定セキュリティコントローラを使用することで、物理的攻撃からより高度な保護を実現することができる。

■自動車に適したXAIN開発のハイブリッドクライアント構造

一方で、車両を制御するデバイスで使用されるような従来のマイクロプロセッサのブロックチェーン内に新しいデータブロックを作成することは依然として課題となっている。従来、高度な計算力を必要とする「マイニング」プロセスは、高性能プロセッサが行ってきた。しかし、XAINは自動車のマイクロコントローラなど、リソースに制約のあるデバイスに適した新しいハイブリッドクライアント構造を開発した。

XAINのプロダクト

XAINのプロダクト


■インフィニオンテクノロジーズ自動車部門責任者のピーター・シーファー氏のコメント

「サイバーセキュリティは、データ駆動の将来のモビリティの重要な柱です。これに伴い、ブロックチェーン技術のポテンシャルに期待したいです。ブロックチェーン技術の使用はセキュリティハードウェアが適切に調整されていることを前提とします。車両に組み込まれていると、より安全なシステムを構築するのに役立ちます。これは本質的に、ソフトウェアとハードウェアコンポーネントの緊密かつ適切な統合を前提としています。これらをXAINと一緒に進めていきたい。」
 

■XAIN AG創業者兼CEOレイフ・ニッセン・ルンドベク氏のコメント

「車両を分散型ネットワークの参加者になれるように装備したいと考えています。これは、オフラインおよびリアルタイム機能にとって重要であり、AIテクノロジを使用する際に高度なプライバシー保護を提供するため、マシンラーニング用のプライベートデータがデバイスと同じレベルでのみ保存されるようにすることができます。 インフィニオンテクノロジーズと協力して、XAIN AIの技術の車両への適用をさらに進めたいと考えています。」
 

■初めての両社共同デモンストレーション

インフィニオンテクノロジーズ初の自動車データセキュリティイベントで、インフィニオンテクノロジーズとXAINは、初めて共同のデモンストレーションを行う。このデモで、AURI(TM)マイクロコントローラの助けを借りて、スマートフォンアプリを使用して、車の機能へのアクセス権を遠隔で安全かつ効率的にデリゲートする方法が公開される。この技術的アプローチは、プラットフォームやバックオフィスがなくても、カーシェアリングを可能にする。各参加者は自発的に車を他の人と共有することができ、同時にユーザー権限を完全に制御できるようになる。例えば、ネットワーク参加者は、特定の速度あるいは割り当てられた時間枠内で運転できるという条件下で、他の参加者に車両を貸与することができるようになる。

ログイン

ページ上部へ戻る