ニュース

伊藤忠商事、乗合システム提供のVia Mobility Japan社へ戦略的事業投資

2019/4/15(月)

伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)は、乗合システムを提供するVia Transportation, Inc. (本社:米ニューヨーク、以下「Via社」)へ投資を実施すると共に、Via社のシステムを日本で提供するVia Mobility Japan株式会社(以下「Via Japan」) への戦略的事業投資を実施した。
現在、世界的にIT、IoT、AIを活用したスマートモビリティ市場が急速に成長を遂げている中、Via社は複数人の乗客を最適なルートで複数の目的地まで送り届ける「n:n」の乗合サービスに特化した最先端のテクノロジーを有しており、利用者にとって利便性とコスト効率の高い移動手段を提供している。

また効率的な乗合い配車サービスと高い実車率(ニューヨーク市での実績は約70%)により都市の交通渋滞の緩和、CO2排出量の削減にも貢献。
Via社は米国・欧州を中心に同サービスを個人ユーザーに提供するだけでなく、乗合システムを世界各地のバス会社、タクシー会社、地方自治体、大学、交通オペレーター等のパートナー企業に提供。その数は現在世界60か所以上にのぼる。

日本においても、限られた交通機関での多様・効率的な移動ニーズが高まっており、伊藤忠商事は、既に諸外国において導入実績のあるVia社の乗合サービスのテクノロジーをVia Japanを通じ各種交通事業者・地方自治体・企業等へシステム提供を行う事で、日本が抱える交通課題の解決に取り組む。

伊藤忠商事は中期経営計画「Brand-new Deal 2020」の中核取り組み分野の一つであるモビリティ領域において、2018年8月に中国新興EVメーカー「奇点汽車」やEV商用車のレンタル・メンテナンスサービスの「地上鉄」への出資、英国のP2Pカーシェアリング・プラットフォーマー「Hiyacar」との資本提携を行ってきた。
今回の乗合システム提供で、グローバルに実績のあるVia社への投資およびVia Japanへの戦略的事業投資を通じ、モビリティ領域の「商いの次世代化」を更に加速させる狙い。

なお、Via Japanには森ビル株式会社も出資しており、2018年8月1日から森ビル社員を対象に六本木周辺地域で、最先端アルゴリズムによる「オンデマンド型シャトルサービス(HillsVia)」の実証実験を実施、実証参加者からも高評価を得ている。

 

■Via社概要

会社名 Via Transportation Inc.
設立 2012年
本社 アメリカ・ニューヨーク州
代表者 Daniel Ramot
事業概要 乗合システム提供 他
URL https://ridewithvia.com/

■Via Japan概要

会社名 Via Mobility Japan株式会社
設立 2018年
本社 東京都渋谷区
代表者 Cariann Chan
事業概要 Via社の乗合システムの提供
株主 Via社、伊藤忠商事、森ビル株式会社

ログイン

ページ上部へ戻る