ニュース

電動キックボードが宮古島を走る Luupらが実証行う

2020/2/6(木)

宮古島市での実証実験の様子(市有地での走行)

宮古島市での実証実験の様子(市有地での走行)
Luup プレスリリースより

株式会社Luup(以下、Luup)は、宮古島市と日本トランスオーシャン航空株式会社と共同で、電動キックボードの試乗会を2020年2月2日に開催した。Luupの発表によると、島内で電動キックボードの実証を行うのは初の試みとのこと。
Luupは、電動キックボードをはじめとするマイクロモビリティを包括的に扱うシェアリング事業「LUUP」の実装を目指すスタートアップ企業で、自治体や大学らと連携しながら各地で実証実験を行っている。電動キックボードは、走行時の環境負荷の低さや、駐車に広いスペースを要しないことなどを理由に注目が高まっている。

また、実証地である宮古島は観光客からの人気が高い一方で、環境負荷の増大や市民の移動手段の確保が課題となっている。電動キックボードの導入は、これらの課題を解決して持続可能な社会を構築するための手段として期待値が高く、今回の実証へと至ったという。

今回の実証は、宮古島市が開催する市民参加型の環境活動推進プロジェクト「エコの島コンテスト」の参加者と、会場である公民館への来訪者を対象にして行われた。今後、観光客向けの展開など、どのように取り組みを進めていくか注目したい。

ログイン

ページ上部へ戻る