ニュース

JR東日本ら、eチケットサービス導入 東北新幹線なども交通系ICで乗れるように

2020/2/6(木)

サービスイメージ

サービスイメージ
JR東日本・JR北海道・JR西日本のプレスリリースより

JR東日本・JR北海道・JR西日本の3社は、新幹線IC乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を3月14日から開始すると発表した。このサービスにより、東北・北陸・北海道などの地域でも、Suica等の交通系ICカードで新幹線の改札機を通過することが可能になる。
3社が共同で発表したプレスリリースによると、今回のサービス開始に合わせ、予約情報の管理・認証を行うセンターサーバーを新規に構築したという。改札機からサーバーへと予約情報の照会を行い、予約サイトと情報連携したサーバーが認証結果を送り、改札の開閉を行う仕組みだ。

サービスを利用するには、予約サイト「えきねっと」もしくは「e5489」でアカウントを作成し、交通系ICカードの会員情報を登録することが必要となる。事前申し込みや交通系ICカードの登録は2月7日から可能だ。サービスの提供区間は、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線全区間(下図参照)。また、Suica以外にも、ICOCAやPASMOなど、相互利用対象の10種類の交通系ICカードも登録することができる。
「新幹線 e チケットサービス」提供区間

「新幹線 e チケットサービス」提供区間
JR東日本・JR北海道・JR西日本のプレスリリースより

ログイン

ページ上部へ戻る