有料会員限定記事

マクニカの自動運転関連取り組みまとめ【2023年1月~9月】

有料会員限定記事

2023/10/31(火)

NAVYA ARMA(上)マクニカモビリティデータプラットフォーム(遠隔監視システム、下)

NAVYA ARMA(上)
マクニカモビリティデータプラットフォーム(遠隔監視システム、下)

株式会社マクニカ(以下、マクニカ)は、複数の企業や組織と協力し、日本各地で自動運転関連の実証実験を実施した。ほかにも、自動運転関連の動きを加速させるために、他企業との提携や新会社設立も行っている。当記事では、マクニカが2023年1月~9月に実施した自動運転関連の取り組みについてまとめる。

佐賀県嬉野市(嬉野市)

マクニカらは9月20日、佐賀県嬉野市と共同で、自動運転車両の公道走行の実証実験(自動運転レベル2)を実施すると発表した。

同実証は、株式会社FCホールディングスの子会社である株式会社福山コンサルタント、ID&Eホールディングスの子会社である日本工営株式会社(以下、日本工営)、株式会社ケー・シー・エス、マクニカ、久留米工業大学の5者で実施する。

さらに、5者は、JR嬉野温泉駅前で、自動運転パーソナルモビリティの実証実験もあわせて実施することも明かした。このモビリティは、久留米工業大学(インテリジェント・モビリティ研究所)で開発した「AI対話型自動運転システム」を電動車いすに搭載したものだ。



※このコンテンツはLIGAREオンライン法人プレミアム会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから法人プレミアム会員にお申し込みください。

法人プレミアム会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 200019
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る