ニュース

医療・ヘルスケアMaaSの取り組み【2021年1月~2022年10月】

有料会員限定記事

2022/11/7(月)

MONETらが使用する
マルチタスク車両の外装

医療分野でも、在宅医療やオンライン診断の実現に向けて、さまざまモビリティを活用した医療・ヘルスケアMaaSの動きが出てきている。当記事では2021年1月~2022年10月までに行われた医療・ヘルスケアMaaSの取り組みについてまとめる。

MONET Technologies株式会社(以下、MONET)


MONET、MRT株式会社(以下、MRT)、株式会社オリエンタルコンサルタンツ(以下、オリエンタルコンサルタンツ)らは、医療MaaSの社会実装を視野に入れた新しい取り組みを10月6日から11月末まで実施する。MRTが10月6日付のプレスリリースで明かした。

同実証実験は、さまざまな用途に利用可能なマルチタスク車両を活用して、車両内で医療サービスと行政サービスを提供する。さらに、公的施設の活用や薬剤の配送との連携による取り組みの有効性を検証する。

具体的には、三重県大台町の報徳診療所、および近隣の薬局の協力の下、町内の集会所などを巡回するマルチタスク車両を用いて、オンライン診療からオンライン服薬指導、薬剤の配送まで、医療に関する一連の流れを検証する。また、車両内で、マイナンバーカードの申請などの行政に関するオンライン手続きを行えるようにする予定だ。



※このコンテンツはLIGAREオンライン法人プレミアム会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから法人プレミアム会員にお申し込みください。

法人プレミアム会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 149629
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る