ニュース

三菱商事 フィンランドのMaaS Global社へ出資 MaaS事業を推進する

2019/9/6(金)

三菱商事は9月4日、MaaS事業を展開するフィンランドMaaS Global社(以下「MG社」)の第三者割当増資を引き受け、出資を行ったと発表した。2017年にはトヨタファイナンシャルサービスとあいおいニッセイ同和損保、デンソー、2019年には三井不動産がMG社へ出資を行っている。
MG社は、様々な交通手段(鉄道・バス・タクシー・レンタカー・レンタルバイク等)を組み合わせたルート検索・予約・発券・決済までを可能とするMaaS事業(MaaSレベル3)を、スマートフォン用アプリケーション「Whim」を通じて世界で初めて実用化し展開している企業だ。強みは、「Whim」のアプリケーションを開発した技術力と、「Whim」を月額定額制で提供する等の企画力にある。2017年のフィンランド・ヘルシンキでの「Whim」サービス開始を皮切りに、現在はベルギー、イギリスでも同サービスを展開し、フィンランドでは同アプリケーションのダウンロード数が10万を超えている。今後の計画として、日本を含む世界各国へのサービス地域拡大も予定している。

三菱商事は、2019年4月の組織再編に伴い、新たに自動車・モビリティグループを組成した。従来の自動車販売・金融等の事業拡大に加え、デジタル化やCASEの進展による業界構造の変化をとらえ、ヒトやモノの移動に関する課題を解決するモビリティ・サービス事業への取り組みを進めている。

今回の資本参画を契機として、三菱商事の海外ネットワークや様々な産業との接点を活かし、アジアを始めとする各国・地域へMG社事業の横展開を図る。更には、不動産・小売・旅行など、移動の発着地点となる様々な関連事業者と連携し、単なる移動サービスを超えたBeyond MaaS事業にも取り組む。

ログイン

ページ上部へ戻る