ニュース

三井不動産、フィンランドのMaaS Global社へ出資、協業契約を締結

2019/4/25(木)

三井不動産株式会社は4月24日、世界初の本格的MaaSプラットフォーム「Whim(ウィム)」を展開するMaaS Global社(以下MG社)と街づくりにおけるMaaSの実用化に向けた協業について契約を締結、MaaS Global社への出資を行ったと発表した。今後、両社にて2019年内に首都圏において交通事業者等と連携した実証実験を開始する。
三井不動産は「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」することを全社の重要施策として位置付けており、同社の街づくりにおける幅広い事業領域と、MG社がグローバルで展開してきたMaaS事業の知見を生かし、国内でのMaaSサービス実用化を加速させる狙い。
 
またMG社は「MaaSの社会実装によるモビリティの進化」を目的に活動しており、トライアルのテーマの一つとして、「不動産×MaaS」を挙げている。MG社は三井不動産を都市における社会実装の様々なフェーズでの可能性を探索できる良いパートナーだと考えており、そのビジョンの親和性からも今回の協業・出資に繋がった形だ。

Whimについて

MG社が提供する、都市交通においてMaaSを世界で初めて実践した統合スマホアプリ。既にフィンランド、イギリス、ベルギーで展開されており、近くシンガポールでもサービス開始予定。
電車やバスなどの公共交通のみならず、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなどのあらゆる交通手段を組み合わせて最適な移動体験を提供する。世界初の交通サブスクリプションモデル(定額制)を導入している。

ログイン

ページ上部へ戻る