ニュース

JR西日本 JR西日本レンタカー&リース、竹原市観光協会と連携 モビリティ貸出の実証実験を発表

2019/9/6(金)

左上:小型 EV 右上:電動バイク 左下:スポーツサイクル 右下:電動自転車

西日本旅客鉄道は8月30日、JR西日本レンタカー&リース、一般社団法人竹原市観光協会(以下「竹原市観光協会」)と、近距離移動型のモビリティ貸出サービス実証実験の実施を発表した。手軽に移動が可能な複数のモビリティを貸し出すサービスを試行し、駅から先の2次交通を提供することによる鉄道の利便性向上と地域のアクセス改善を目指す。
竹原市の玄関口となる JR竹原駅は、伝統的建造物等の観光施設が集まるたけはら町並み保存地区や大崎上島町などへの玄関口となる竹原港まで距離が離れており、駅から先の2次交通が特に必要とされる駅だ。しかし、バスやタクシーを除いた竹原駅周辺のこれまでの2次交通はレンタサイクルのみであり、2次交通の整備は十分ではないのが現状だ。

そこで、2次交通の充実による鉄道の利便性向上と地域のアクセス改善を目指し、駅から先の新たな交通手段として今回紹介したモビリティを提供する実証実験の実施が決まった。今回の実証実験を通じ、地域への新たな交通インフラ整備の可能性や、地域に即したモビリティの種類及びその提供方法を検証するとともに、「取り組みを継続して実施できるだけの事業性が見込めるか」の検証を実施する。

また、今回の実証実験は、西日本旅客鉄道が別途で発表を行った「瀬戸内MaaSアプリ setowa」とも連携しており、観光におけるシームレスな移動の一翼を担うモビリティとしての可能性を検証する。

■ サービス試行期間
2019年10月1日(火曜日)から12月28日(土曜日)まで

■ モビリティ貸出箇所
・竹原市観光協会(JR駅レンタカー竹原営業所)
(住所:広島県竹原市中央1-1-10 JR竹原駅より徒歩1分)
・営業時間 8:30~17:00
※複数日にわたる予約は不可。臨時休業日を設定する場合もある。

■ 貸出を行うモビリティ
移動距離 40km 以下の近距離移動を想定した手軽なモビリティの貸出を予定
・1人乗り超小型EV「コムス」(導入台数:2台、貸出価格:3000円/台/日(税込)、要普通自動車免許)
・電動バイク「glafit」(導入台数:2台、貸出価格:2000円/台/日(税込)、要原付免許)
・折り畳み式スポーツサイクル(導入台数:4台、貸出価格:1950円/台/日(税込))
・電動自転車(導入台数:3台、貸出価格:700円/台/日(税込))

「瀬戸内MaaSアプリ setowa」の詳細は下記のURL
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14759.html

ログイン

ページ上部へ戻る