ニュース

三井物産、未来シェアと熊本県荒尾市で相乗りタクシーの実証実験開始

2019/1/21(月)

三井物産株式会社(以下、三井物産)は、熊本県荒尾市において1月21日(月)から2月1日(金)までの12日間、相乗りタクシーの実証実験を行う。なお、配車サービスの株式会社未来シェア(以下、未来シェア)が技術面でサポートに入る。
三井物産は平成29年度に荒尾市と「地域エネルギーの有効活用等を中心としたまちづくりに関する連携協定」を締結しており、今回はその中の連携事項である「公共インフラの効率化の促進」に関する取り組みとして実験を行う。相乗りタクシーの実証実験は九州で初めてだ。

荒尾市では、高齢化の進行に伴い移動困難者が増加すると見込まれている。その一方で、タクシー事業が縮小傾向にある中、タクシー車両を路線バスを補完する新たな公共交通体系として活用することが検討されてきた。

実証実験では、未来シェアのSAVSのシステムでスマートフォンやAIなどを活用して効率的な運行を行う。車両は有限会社荒尾タクシー所有のタクシー5台を活用し、誰でも無料で利用することができる。利用者は、スマートフォン専用ウェブサイトまたは電話で乗車人数・目的地・到着時間などを指定して予約する。必要な時にタクシーを呼べる即時的なサービスとなっている。

日本では自家用車を使って有償で客を運ぶライドシェアが法律で禁止されている。三井物産は荒尾市での実験で事業を軌道に乗せ、交通サービスの縮小に苦しむ全国の地方自治体に同様のサービスを展開していく方針だ。

あらお相乗りタクシー実証実験チラシ

あらお相乗りタクシー実証実験チラシ

ログイン

ページ上部へ戻る