ニュース

ルノー、日産、三菱が滴滴出行と協業

2018/4/24(火)

自動車アライアンスであるルノー・日産自動車・三菱自動車は、滴滴出行の「DiDi Auto Alliance 」にパートナーの1社として参加することを、4月24日に発表した。

DiDi Auto Alliance は、滴滴出行が主導するライドシェアリングに関するアライアンスであり、スマートモビリティを促進するとともに、その意味を再定義するもの。バリューチェーンに沿ったパートナー企業が一体となり、新エネルギーによる自動車産業を推進することで、DiDi Auto Alliance はビジネスモデルに革新をもたらし、世界最大の車両オペレータープラットフォームとなることを目指す。

コネクテッドカーとモビリティサービスを担当するアライアンス専務執行役員のオギ レドジクは、「私たちは、すべての人々にクリーンで安全なモビリティの提供を目指すというビジョンを滴滴出行と共有しています。中国は、ルノー・日産自動車・三菱自動車にとって重要な市場であり、滴滴出行のようなマーケットリーダーと緊密に協力しながら、中国における将来のスマートモビリティを形づくっていきます。」と述べた。

滴滴出行の創業者でありCEOの程維(チェン ウェイ)氏は、「私たちは、自動車のリース・販売から、自動車金融、フリート管理、カーシェアリングのソリューションまで、多岐にわたる領域で協業の機会を提供することでパートナー企業に力を与える。私たちは、パートナー企業、ユーザーのコミュニティ、社会のためにより多くの価値を生み出すことを目指しています。」と述べている。

ルノー・日産自動車・三菱自動車は、今年2月に滴滴出行と中国国内での電気自動車(EV)を使った新しいカーシェアリングプログラムに関する将来的な協業について覚書を締結。滴滴出行との本覚書は、モビリティサービスに対するアライアンスのコミットメントを明確に示すものとなる。昨年、ルノー・日産自動車・三菱自動車が発表した中期計画「アライアンス2022」には、無人運転車両による配車サービス事業の開始についても盛り込まれている。

世界最大の自動車グループとして、アライアンスは自動車関連のさまざまな新技術の融合やシナジー創出を加速。「アライアンス2022」中期計画終了時までに、EV共用プラットフォームと共用部品を活用して、12車種の100%EVを発売する予定だ。また、自動運転技術を世界で合計40車種に搭載するとともに、無人運転車両の配車サービス事業への参画も目指す。

また中期計画の目標達成を支えるため、アライアンスはオープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立。同ファンドは今後5年間で最大10億ドルを投資する予定。

ログイン

ページ上部へ戻る