ニュース

ゴーン氏辞任でルノー新体制 日産は4月臨時株主総会へ

2019/1/25(金)

社長兼最高経営責任者(CEO) 西川廣人氏

社長兼最高経営責任者(CEO) 西川廣人氏

仏ルノーは24日、カルロス・ゴーン被告の辞任を取締役会で承認し、新執行部を発表した。会長には、仏タイヤ大手ミシュランのCEO(最高経営責任者)のジャンドミニク・スナール氏、またCEOにはティエリー・ボロレ氏が就任した。
仏ルノーの取締役会の発表を受けて同日、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)の西川廣人氏は横浜市内の本社で記者会見を行った。ルノー新会長のジャンドミニク・スナール氏を日産の取締役として迎える意向を示した。

会見の冒頭で西川氏はルノーの新体制移行について「大きなステップ」とし、「大いにこの新体制を歓迎したい」と語った。また、「11月以降、取締会同士のコミュニケーションがやや難しい状態が続いていたが、これからはより良くなると期待している」と述べた。

今後の予定として、ゴーン氏とグレゴリー・ケリー氏の両取締役の解任、およびスナール氏を新たに取締役に選任するため、4月中旬に臨時株主総会を開催する方向で検討を始めたことも明らかにした。

西川氏は新会長となるスナール氏について「経験豊富な非常に優れたビジネスマン」と評価した。ガバナンスの見直しに重点を置いて4、5月に議論・検討し、6月の株主総会に向かう予定で、スナール氏に「早くこのプロセスに加わってほしい」と語った。

フランス政府が提案したというルノーとの経営統合については「我々にそういう提案があったことはない」とし、「今は議論すべき時ではない」と強調。「今は、お互いに自立性を尊重しながらシナジー(相乗効果)を最大化していくという原則に沿って行われることが重要」と語った。

また、自身の進退については「会社の厳しい課題解決という責任を果たした後、責任を取る」と述べた。

 

ログイン

ページ上部へ戻る