ニュース

あらゆる乗り物が対象の個人売買マッチングサイト「ノリモックス」本日リリース

2019/6/19(水)

令和元年6月19日にWeb運営などを行うリンクス・アソシエイツ株式会社から、初の乗り物個人売買マッチングサイト「ノリモックス」がリリースされた。
ノリモックスは、日本中の乗り物好きが集まって、個人売買を楽しむ事を目的として制作された。

クルマやバイクに特化した個人売買サイトは少なからず存在する中、このノリモックスはエンジンやモーターが付いた「乗り物」であれば何でも出品・掲載することができ、Web 上で売買が可能になるため、クルマやバイクに加え、プレジャーボート、レーシングカート、フォークリフト、セスナ機、セグウェイなど、あらゆる乗り物の売買が1つのプラットフォームで行えるというところが特徴。

通常、売る側は少しでも高く買い取ってもらうため、複数の下取り業者に足を運ぶが、業者側は利益を鑑みるほか、年式が古い、人気の無い型式、カラーがトレンドではない、キズやヘコミがあるなどのマイナス要素を強調して、なるべく安く買い取ろうとする。一方、買う側は、雑誌やネット情報などを見て現物確認のため複数個所に足を運ぶが、業者側の高額なマージンが乗せられるため、決して安く買えないというのが現状だ。

ノリモックスは、まず中間マージンが一切無いという点、年式が古くても、世間一般で人気が無くても、それらを好むマニアが日本中に必ず存在するという点で、業者目線ではなく個人売買目線で売り買いされるため、相場よりも、「買う側は安く買えて」「売る側は高く売れる」というメリットがある。また、本来廃棄処分されるべき乗り物も、それらを流通させることで新たな所有者に引き継がれ、レストアやカスタマイズをしてさらに長く愛用されるという事により、地球にも優しくなれる。

ノリモックスの使い方は非常に簡単で、まず無料会員登録をしてログイン情報を入手した後、出品や購入が可能になる。交渉したい乗り物があれば、交渉ボタンを押すだけで2者間でのチャットが始まり、試乗や現物確認などの日程調整、法定書類の有無や納税状況など、公開されている出品情報以外の詳細など、公にしたくない部分を個別で確認することができる。

サービス利用料は乗り物案件の掲載については何台掲載しても無料。売買が成立した場合のみ、売り手側から 1 台につき売価の2%が成約手数料としてかかる。(ただし、売却額99万円までは一律2万円。)また、 無料でエスクローサービスが使えるため、料金を支払ったのに現物が来ないなどの詐欺に遭うこともなく、安心して取引が行える。

今後の展開としては、登録案件や成約件数を増やし、4~5年後にはテレビ CM を出すほか、アライアンス、フランチャイズ、株式上場を目指している。また、運営者が日英のバイリンガルであることから、英語圏へのフランチャイズも計画中だ。

ログイン

ページ上部へ戻る