ニュース

VolvoとNVIDIAが提携 自動運転によるトラック輸送の実現目指す

2019/6/19(水)

Volvo Group は6月18日、エンドツーエンドの自律走行プラットフォームである NVIDIA DRIVE を使って、自動運転の AI 車両のトレーニング、テストおよびデプロイを行うと発表した。同グループでは、公共輸送、貨物輸送、廃棄物処理とリサイクル収集、建設、鉱業、林業といった分野をターゲットとしている。
両社は、ヨーテボリとシリコンバレーにエンジニアリングチームを共同配置しており、車両内 AI コンピューティングのためのプラットフォームを構築し、全方位センサーの処理、認識、マップでの自己位置推定および経路計画のために DRIVE AV ソフトウェアスタックの活用していく予定だ。さらに、両社は、NVIDIA DRIVE hardware-in-the-loop (ループ内部にハードウェアを持った)シミュレーション プラットフォームを使って、これらのシステムのテストおよび検証を行う。

Volvo Group は、ドライバーサポートシステムから完全な自律走行車およびマシンに至る、自動化のすべての領域で、NVIDIA のテクノロジを活用したソリューションを導入する計画を立てている。

貨物船へのコンテナの積み降ろしや港湾内での走行といった、短距離の日常的な輸送の自動化から、ハイウェイでの自律走行に至るまで、高性能なNVIDIA DRIVE ソリューションと世界的に大規模なトラック メーカー協業により、NVIDIA と Volvo Group は、自律走行トラック輸送による効率性の提供を目指す。

ログイン

ページ上部へ戻る