有料会員限定記事

小田急バスの新しい取り組み『hocco』。地域コミュニティとモビリティの拠点へ

有料会員限定記事

2022/1/28(金)

小田急バス(東京都調布市)は、東京都武蔵野市内の路線バス折り返し場と隣接した土地を活用し、住居・商業・交通の機能を複合した『hocco』を開業した。コンセプトは“暮らしの「町あい所」”。地域コミュニティとモビリティの拠点として、バス沿線地域の活性化を目指すという。小田急バスの新規事業『hocco』の取り組みについて話を伺った。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 114203
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る