ニュース

ティアフォー、自動運転EV「Postee」を出展 第2回自動運転EXPO

2019/1/15(火)

株式会社ティアフォー(以下、ティアフォー)は、ラストマイルデリバリーのための低速完全自動運転EV「Postee」(注1)を開発し、1月16日から東京ビッグサイトで開催される第2回自動運転EXPOで発表する。
ティアフォーはこれまでも、近距離移動用モビリティ「Milee(マイリー)」や物流用モビリティ「Logiee(ロージー)」を発表してきた。そして今回は、ティアフォーが掲げる自動運転モビリティのエコシステム構築をさらに加速させる。「Postee」は、完全自動運転による無人配送・配達を想定したラストマイルデリバリーのためのコンセプトビークルだ。前後左右全面に荷室扉を、側面には投函口も配し、車内は全室荷室の構造となっている。オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」(注2)を搭載し、完全自動運転による走行が可能だ。ドライバー不足への対応や過疎地での活用、フリートマネジメントシステムと連携した配送の効率化など、配送分野における課題解決への応用が期待される。「Postee」は丸みを帯びた親しみやすいキャラクター性のあるデザイン。街や施設の顔として誰からも愛されるモビリティを目指す。

製品仕様

  • 車両:電動ゴルフカート
  • 車体:FRP(繊維強化プラスチック)製
  • サイズ:全長3,285mm 全幅1,660mm 全高2,000mm
  • 重量:800kg

第2回自動運転EXPO出展概要

(注1)「Postee」はティアフォーの商標です。
(注2)「Autoware」は、The Autoware Foundationの商標です。

ログイン

ページ上部へ戻る