ニュース

【配送定常化】楽天、自動走行ロボットによる配送サービス開始

2022/11/24(木)

楽天グループ株式会社(以下、楽天)は、自動配送ロボット(UGV、Unmanned Ground Vehicle)の公道走行により、小売店や飲食店の商品を配送する定常的な配送サービスの提供を、茨城県つくば市内で11月19日から開始した。11月18日付のプレスリリースで明かしている。

楽天は、UGVの公道走行により、つくば市内の西友の商品を配送する期間限定サービスを2022年5月から提供している。今回のサービスは、2022年5月からのサービスを拡大したものだ。



同サービスは、つくば市内の西友、およびスターバックスで取り扱う商品を、つくば駅周辺のマンション・戸建て住宅やオフィスおよび公園・広場に配送する。スマートフォン向けの専用サイトで注文を受けた商品を、注文から30分から60分でお届けするオンデマンド、または指定の配送時間帯に、指定の配送先まで配送する。配送対象地域の住民以外も利用可能だ。

また、同サービスは、各店1日最大11便、2店舗で計22便の配送を、夜間や雨天時も含め毎日実施する。ユーザーは、商品の配送中、専用サイトでUGVの位置情報や到着予定時刻を確認できる。到着時には、自動音声の電話やSMSによる通知で知らせる仕組みだ。

くわえて、同サービスに使用するUGV機体は、アメリカのCartken Inc.が開発し、三菱電機株式会社が調整したものを使用する。配送対象地域や対象の小売店や飲食店は、今後も順次拡大予定だ。

なお、楽天は、つくば市が事務局を務める「つくばスマートシティ協議会」にも参画している。同サービスは、つくば市が掲げるUGVによる配送サービスの実装を含む「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現に資するものだ。楽天は、今後もUGVの活用によるイノベーションを加速させ、安全・安心で便利な社会の実現を推進していくと述べている。

(出典:楽天 Webサイトより)

get_the_ID : 154237
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る