ニュース

佐川急便、不在荷物をローソン店頭で受け取り可能に 山梨県内でトライアル

2020/8/18(火)

佐川×Lawson1

本トライアルの運用フロー図(佐川急便プレスリリースより)

佐川急便株式会社(以下、佐川急便)は、株式会社ローソン(以下、ローソン)と、不在荷物をローソン店舗で受け取るサービスのトライアルを山梨県内で8月17日から開始した。宅配事業の効率化、地域活性化を目指す。
ドライバーが配達した際に不在であった場合、不在票をポストに投函。再配達手続き時にさまざまな再配達方法の中から、ローソン店頭での受け取りが選択可能になる。

期間は8月17日から来年の2月28日まで。山梨県内のローソン店舗54カ所で実施する。山梨県甲府市、甲斐市、中巨摩郡、韮崎市、南アルプス市、北杜市、大月市、都留市、南都留郡、富士吉田市、甲州市、山梨市、笛吹市、これらの市町村内の一部エリアが対象。

この取り組みにより、佐川急便では不在再配達の抑止、ドライバー業務の効率化、CO2排出量削減などにつなげたい考え。今後はトライアル結果を検証し、より実効性の高いサービス展開を検討する。

ログイン

ページ上部へ戻る