ニュース

トヨタ、AWSとの提携拡大 データ基盤を強化しCASEに対応

2020/8/18(火)

画像:Adobe Stockより

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)とAmazon.com 傘下のAmazon Web Services, Inc.(AWS)は、グローバル市場での業務提携を拡大すると発表した。トヨタの「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、AWSの幅広いサービスポートフォリオの活用をめざす。
※ モビリティサービスに必要な様々な機能をAPIを介してモビリティサービス事業者に提供するオープンなプラットフォーム(引用:トヨタ プレスリリースより)
トヨタは、コネクティッドカーの普及に伴い、MSPFとAPI(Application Programing Interface)を介し、コネクティッドカーから収集した車両データを設計開発へとフィードバックしている。さらに、カーシェアやライドシェアなどのモビリティサービスや、車両メンテナンスの事前通知、運転挙動を反映するテレマティクス自動車保険など、法人・個人向けのサービスとも連携させ、「車両データに基づく安全・安心で快適な次世代のモビリティサービス」を掲げ、ドライバーや乗客にサービス提供を行っている。

今回の提携拡大により、AWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する方針。なお、包括契約の適用範囲をトヨタグループ全体に広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟かつ安全に活用できる基盤を構築し、CASE時代に向けた準備を加速する、としている。

■トヨタ Chief Information & Security Officer / Chief Production Officer 友山茂樹氏のコメント
「コネクティッドは、自動車ビジネスにおける開発、生産、販売、サービスの全てのプロセスに大きな進化をもたらしています。今回のAWSとの提携拡大により、ビッグデータ基盤を強化していくことは、CASE時代の大きな強みとなるでしょう。」

■AWS CEO アンディ・ジャシー氏のコメント
「トヨタは、卓越した幅広さと深さを持つAWSサービスを活用して、世界中のコネクティッドカーに関わる全エコシステムで使われる、新たなモビリティサービスの開発および管理を変革します。高性能、高機能かつ高いセキュリティを持つAWSを利用することで、トヨタはグループ企業全体の改革を迅速に実現できます。お客さまが期待するレベルの体感品質を届けることで、トヨタは今後も自動車業界をリードし続けるでしょう。」

ログイン

ページ上部へ戻る