有料会員限定記事

中国自動車業界のトレンドを探る 北京モーターショー2018 (1/2)

2018/9/4(火)

北京モーターショー2018

北京モーターショー2018

英・自動車技術調査およびコンサルティング会社SBD Automotive* (以下、SBD)は4月25日~5月4日にかけて開催された北京モーターショー2018を視察した。今回のモーターショーは、今の自動車業界の車両開発トレンドが如実に反映される内容となった。世界初公開車両105台(うち16台がグローバルメーカーのもの)、アジア初公開車両30台、コンセプトカー64台、新エネルギー車(NEV)174台(うち124台が中国国内メーカーのもの)を含む計1,022台が展示され、EVスタートアップの参加も増加、現在の中国自動車業界の重要なトレンドが垣間見えた。

[LIGARE vol.40 (2018.7.31発行) より記事を再構成]


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン

ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る