ニュース

『必要な移動』から「楽しい移動」へ ~ソニーとカヌチャリゾートの「ムーンライトクルーズ」~

2018/5/14(月)

ソニーが開発したコンセプトカー「New Concept Cart SC-1」。窓の代わりに4Kディスプレイが搭載されている。ソニーが誇るCMOSイメージセンサーの技術を掛け合わせて、単に移動することだけでなく、エンターテインメント性を兼ね備えた、従来のクルマとは一線を画する車両だ。前号では、その開発経緯や車両の仕様に関わる点を中心に紹介した(LIGARE VOL. 37 「スマホがクルマになる? ソニーの考える新しい移動体験」参照)。
今号では、沖縄県名護市の(株)カヌチャベイリゾート(以下、カヌチャリゾート)と実施した「ムーンライトクルーズ」について取材した。ソニーが考える「新たな移動体験」を顧客に提供する実証実験を通し、何が見えてきたのか。前号に引き続き、AIロボティクスビジネスグループの江里口真朗氏に話を伺った。

[LIGARE vol.38 (2018.3.31発行) より記事を再構成]


※このコンテンツは会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る