ニュース

東芝インフラシステムズ、米JCIとリチウムイオン電池の開発・製造で協業

2018/11/28(水)

JCI リチウム工場(アメリカミシガン州ホーランド市)

JCI リチウム工場(アメリカミシガン州ホーランド市)

東芝インフラシステムズ株式会社(以下、東芝)とジョンソンコントロールズパワーソリューションズ(本社:米国ウィスコンシン州、以下JCI)は、車載システム向けリチウムイオン電池事業での協業に合意したと発表した。両社はミシガン州ホランドのJCIの工場でリチウムイオン電池の製造および鉛蓄電池と組み合わせた車載向け製品の開発・製造を行う。
東芝が開発したSCiB(東芝が開発した二次電池)は、負極にチタン酸リチウムを採用することにより、急速充電性能、長寿命性能、低温下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくい低温性能、高い安全性能などの特長を持つ。JCIはこれまでに培った鉛電池の技術と実績をもとに、SCiBと組み合わせた製品を、今後拡大が見込まれるマイクロハイブリッド車向けに供給していく。

東芝は「世界における自動車への環境規制に対し、駆動系システムの変更が最小限に済み、CO2削減に貢献できるリチウムイオン電池と鉛蓄電池を組み合わせたマイクロハイブリッドシステムは2025年に全世界で20%の新車に採用されるという調査予測がある(プレスリリースより)」としている。世界的に拡大する車載向け電池市場に対し、需要急増にもタイムリーに対応できる体制を確立するとともに、開発の効率化を図り事業の拡大を目指す方針だ。

ログイン

ページ上部へ戻る