ニュース

TOYO TIRE、タイヤ安全啓発活動を実施 【4月8日はタイヤの日】 

2019/4/8(月)

TOYO TIRE 清水隆史社長

TOYO TIRE は4月7日より、JATMA等が制定した4月8日の「タイヤの日」※にあわせて、全国の道の駅やショッピングモールにおいて「タイヤ安全啓発活動」を実施することを発表した。
 

TOYO TIRE は4月7日に道の駅 「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」でタイヤ無料安全点検とドライブシュミレーターによる安全啓発活動を実施。タイヤの無料安全点検では、希望者を対象に空気圧や残溝、外傷の有無のチェックを行った。ドライブシュミレーターは、実車に近いハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダル、運転席から見える景色を映すモニターや走行音などを出すためのスピーカーを設置。磨耗度の違いによる制動距離の変化や、ハイドロプレーニング現象、空気圧の違いによる操縦安定性などを体感できる。



ドライブシミュレーターの画面


2018年にTOYO TIRE が実施したタイヤ点検では全体の29%で乗用車の空気圧不足が検出された。清水隆史社長は、「タイヤの空気圧は自然に低下していくが、月に一度の空気圧点検を行っている方は3割にとどまっている」と述べ、「空気圧不足のタイヤで走行すると、燃費の悪化やタイヤ損傷の原因になる」とタイヤ点検の実施を呼びかけた。


今回、初の試みとなったドライブシミュレーターについては、「整備不良のタイヤで走行すればどのような走行になるのか、臨場感を持って体感いただけるようドライビングソフトを独自に開発した。一般の人にも関心を持ってもらえるような試みを具現化できた」とし、ドライブシミュレーターを用いた安全啓発の周知に期待感を示した。

なお、ドライブシミュレーターを用いたタイヤ安全啓発活動については、4月20日(土)より、全国6カ所のショッピングモールにおいても実施する予定。
※(一社)日本自動車タイヤ協会、全国自動車タイヤ販売協議会連合会、全国タイヤ商工協同組合連合会の3団体共催でタイヤの安全啓発を実施する日

ログイン

ページ上部へ戻る