ニュース

トヨタが医療用フェイスシールドの増産を決定 月産4万個規模に

2020/4/28(火)

医療用フェイスシールド

医療用フェイスシールド
写真:トヨタ プレスリリースより

トヨタグループ各社は、4月7日に生産開始を表明した医療用フェイスシールドについて、生産レベルを拡大すると発表した。4月27日から当初の約20倍の月産4万個(一日あたり約2,000個)を生産する。今後は月産約7万個(一日あたり約3,600個)まで生産規模を拡大する方針だ。
医療用フェイスシールドの生産はグループ会社においても同様に生産に着手している。トヨタ自動車東日本では、自社生産した医療用フェイスシールドを4月20日に宮城県に3,000個を提供した。そのほか、豊田合成、ダイハツ工業、日野自動車でも試作に着手しており、ダイハツ工業、日野自動車は近隣の医療機関への提供を実施しているとのこと。また、豊田自動織機では4月29日から月産1万個(一日あたり約500個)の生産を予定しているほか、トヨタ車体でも5月中旬の生産開始に向けて検討を進めている。

トヨタが発表した各社の主な医療用フェイスシールド生産能力は以下の通り(4月28日時点)
豊田自動織機 共和工場: 一日あたり約500個(4月29日生産開始)
トヨタ自動車 貞宝工場・元町工場: 一日あたり約2,000個(4月13日生産開始)
トヨタ自動車東日本 宮城大衡工場:一日あたり約600個(4月20日生産開始)

ログイン

ページ上部へ戻る