ニュース

日本ユニシス、新潟でMaaS実証 オンデマンドバス乗り放題の企画乗車券など検証

2020/2/18(火)

日本ユニシス株式会社(以下、日本ユニシス)と新潟交通株式会社(以下、新潟交通)は、新潟市においてMaaS実証実験を3月1日から、オンデマンドバスの実証実験を3月2日からそれぞれ開始すると発表した。
今回の実証実験では、新潟市住民向けMaaSアプリ「りゅーとなび」で、新潟交通が運行する路線バスの一日乗り放題券を発売するほか、ルート検索機能、レンタサイクルやオンデマンドバスの乗り放題、市内商業施設等で利用できるクーポンなどのサービスなども提供する。

オンデマンドバスは、従来の定時定路線の運行エリアで、住民向けに試験運行を実施する。新潟交通が一日乗車券およびクーポンを企画、レンタサイクルや市内商業施設等との折衝、新潟市住民へのプロモーション、オンデマンドバスの運行と関係機関との折衝を担当、日本ユニシスが MaaS アプリ「りゅーとなび」を開発・運用し、デマンドバスの企画を担当する。また、オンデマンドバスの実証については、オンデマンド・リアルタイム配車サービス「SAVS」を開発し、各地でMaaS実証に参加している株式会社未来シェアが協力している。

今回の実証実験は、経済産業省・国土交通省が新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦する地域等を支援するプロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」の選定事業。日本ユニシスはプレスリリースで、MaaS実証・オンデマンドバス実証いずれの場合も、今回の結果を踏まえて次年度以降も段階的な実証を行い、本格的な実装を目指すとしている。

ログイン

ページ上部へ戻る