ニュース

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4U「ハンズオフ ジャパン ツアー」を完走

2018/10/22(月)

つくばテクノセンター到着

つくばテクノセンター到着

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4U®が10月17日に日本一周のドライブ「ハンズオフ ジャパン ツアー」を成功裏に完了し、出発点でヴァレオジャパンの自動運転システム研究開発の中核を担う、つくばテクノセンターに帰還した。約3週間での日本一周において、高速道路での走行距離約6,700キロメートル中、約98%を自動運転モードで走行した。
10月1日にスタートしたCruise4U® は、旅の途上で日本のヴァレオグループ4カ所の拠点(ヴァレオジャパン秋田工場、同・中津工場、同・九州工場および九州市光工業)を訪問した。Cruise4U® のエンジニアたちは同僚たちに温かく迎えられ、ツアースタッフは行く先々で自動運転車のテクノロジーについて説明したという。
ヴァレオジャパン九州工場

ヴァレオジャパン九州工場


日本チームの手で全てのセンサーシステムをセットアップした車でハンズオフ ジャパンツアーを完走したことは、ヴァレオジャパンのR&Dチームにとって大きな成果だ。さまざまな天候の下、カーブやトンネルが続く山間部、漢字や矢印などの路面上の標識など、地域ごとに特徴がある高速道路を走行することで、Cruise4U® は価値あるデータを大量に収集。これらのデータは、日本のニーズに応える自動運転技術の開発をさらに加速させるための貴重な情報として活用する方針だ。

Cruise4U® は、量産車向けの規格を満たしたヴァレオ製車載センサーを搭載している
  1.  - 6 台のヴァレオ SCALA® レーザースキャナー
  2.  - 1 台のフロントカメラ
  3.  - 4 台のサラウンドビューカメラ
  4.  - 4 台のコーナーレーダー
  5.  - 12個の超音波センサー
これらのデータはセンサーフュージョンにて統合され、360°全周検知を行うことが可能。

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4U

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4U


■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る