有料会員限定記事

サブスク乗り合い交通「mobi」、京丹後と渋谷でサービス開始 地域活性化を目指す

有料会員限定記事

2021/6/16(水)

AIオンデマンド乗り合い交通サービス「mobi」の車両

AIオンデマンド乗り合い交通サービス「mobi」の車両イメージ(提供:WILLER)

WILLERは、月額5000円で乗り放題の新たなAIオンデマンド乗り合い交通サービス「mobi(モビ)」を、京都府京丹後市で6月30日から開始する。また、東京都渋谷区でも7月1日から開始予定(運行認可申請中)だ。コロナ禍で在宅時間が増える中、生活圏内でのちょい乗りサービスとして、地域内での移動と交流促進、新たな地域経済の活性化を目指す。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 90067
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る