有料会員限定記事

「EMot」アプリ1つで観光も暮らしも。小田急が示すMaaSの一つの解

2021/7/27(火)

小田急電鉄株式会社 経営戦略部 次世代モビリティチームの須田崇彦氏

小田急電鉄株式会社 経営戦略部 次世代モビリティチームの須田崇彦氏

私鉄各社の中でもいち早く中期経営計画にMaaSへの取り組みを掲げ、自社アプリに加えて共通データ基盤「MaaS Japan」を構築するなど、MaaSを推進してきた小田急電鉄株式会社。今年3月にはMaaSアプリ「EMot」で飲食・物販のサブスクリプションチケット「EMotパスポート」を始めるなど、着実に歩みを進める同社のMaaS戦略について、小田急電鉄株式会社 経営戦略部 次世代モビリティチームの須田崇彦氏に話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 95826
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る